お問い合わせ
ホーム > 業務案内 > PEEKの射出成形
PEEKの射出成形

PEEKの加工には、押出成形からの切削加工や射出形成があり、加工方法により、PEEKの物性や加工費用にも違いが出ます。
射出形成は、製品の数が多い場合に向いていますが、PEEKは結晶性プラスチックなので、結晶化度によって成形収縮率・強度などが左右されます。温度を制御するため製品・金型設計や成形条件の調整が重要です。
弊社は長年培った実績から、製品の開発から金型製作?成形までおこなっています。またグループ会社のプラクティブでもPEEKの射出成形にはかなりの実績があり、弊社成形のノウハウで最良のご提案をいたします。

PEEK(ポリエーテルエーテルケトン)は、耐熱性、機械的強度、耐薬品性など優れた性能を持ったスーパーエンブラの代表格で、その利用は様々な分野で広がっています。例えば、自動車産業の分野では、軽量化、コスト削減、性能向上等のニーズにより、金属部品の代替として高いパフォーマンスを発揮し、航空宇宙分野、防衛分野、電子産業分野、医療分野、半導体分野等に利用されております。
特に医療の分野では、様々な技術革新のなか、高度な要求を満たすことが必要ですが、PEEK材は生体適合性、滅菌処理耐性、X線透過性、高剛性等から現在需要が拡大しています。

長所

  • ・優れた耐熱性(連続使用温度250℃、熱老化にも強い)
  • ・優れた耐薬品性(濃硫酸、硝酸と一部の有機酸以外には優れた耐性をもつ)
  • ・非常に高い機械的強度(幅広い温度範囲において衝撃、引張、クリープ、疲労、磨耗に強い)
  • ・優れた耐加水分解性(高温水蒸気下でも加水分解をおこさない)
  • ・優れた難燃性(発煙も少ない)
  • ・優れた耐放射線性(放射線による劣化が起こりにくい)
  • ・優れた電気絶縁性

短所

  • ・高価

弊社では、医療分野、自動車分野を中心に、数々の実績があります。
特に、医療分野の方では、軽量でX線透過性や弾性があることなどから、チタン等金属にはない利点が注目され、需要がのびています。

2016年11月、村中製作所グループの株式会社プラクティブが、医療分野における品質マネジメントシステムの世界標準規格である、ISO 13485を取得いたしました。これにより、医療機器の安全性と品質を約束するための実用的基盤があることが証明されました。
ISO 13485の取得について、詳しくはこちら

ご依頼・お問い合わせはこちら >